サプリをやめた結果、シトルリンが不足するとどうなるのか

増大サプリに含まれることが多い成分の一つにシトルリンが存在します。
シトルリンが体内に入ると一酸化窒素を産出してそれによって体内の血管を拡張させることができるため、血液の循環を良くできる効果があります。
そういったことから疲労・老化・ストレスなどで収縮した血管を健全にすることが可能です。
実際にペニスの勃起時には血流の上昇が鍵を握ることも多いため、その上昇を促すことができ、それによって増大にも結び付きやすくなります。
従ってシトルリンは増大サプリには欠かすことができない有効成分の一つになっています。
一方でペニスを大きくしたいため、増大サプリを摂取する形になりますが、それが不足するとどうなるかについては、様々な体の機能に不都合をもたらします。
シトルリンの摂取が不足した場合には、体の冷え性や血液の循環に障害が発生する可能性もあり、心筋梗塞や脳梗塞などの心疾患などが起きやすくなります。
他にも冷え症や肩こりにもなりやすくなったり、疲れやすくなったり、生活習慣病にも繋がることも多いです。
一酸化炭素が体の血管を健全に保つことができるので、シトルリン不足を回避することはポイントとなります。
増大サプリを止めると、そういった心疾患などの症状の予防機能が失われる可能性もあるため、注意をすることが必要です。

タグ: , ,

シトルリンサプリが体にもたらす効果

シトルリンとは、我々人間の体の中に存在しているアミノ酸の一種です。
主にスイカなどのウリ科の植物に多く含まれています。
日本やアメリカでは血流改善や動脈硬化予防、筋肉増強などを目的とした食品やサプリメント、欧州ではシトルリン・リンゴ酸塩が疲労回復の日薬品として販売されています。
シトルリンは一般的に血管をしなやかにして血流を促す効果をもたらします。
血液の流れが滞ることでさまざまな体の不調が現れることは以前より知られていますが、これらの生活習慣が関係する症状に効果が実証されています。
血管拡張と血流促進など血管へ作用するだけではなく。
血球の血管壁への接着阻害や、血管の肥厚抑制などの予防にも重要な働きをします。
また、特に女性の悩みである「冷え」、肩こりなどに対しても血管拡張を助ける働きがあるので、効果が確認されています。
その他、慢性的な疲労、足のむくみ症状や予防にも効果が期待されます。
シトルリンは体内で生成することができるアミノ酸なので、積極的に摂取しなくても体に大きな悪影響が及びません。
しかし、食品に含まれる量は多くないので、毎日効率よく摂取するためには、サプリメントを上手に取り入れることでしっかりと摂取できるので良いでしょう。

タグ: , ,

シトルリンサプリは本当に安全?

昔はシトルリンと言えば医薬品に属していましたが、近年はサプリの成分として活用されています。
健康食品として活用できるようになり、これは安全性の高さが認められたためです。
継続的に摂取しても問題がなく、動脈対策として重宝してくれます。
勃起不全に悩んでいる方はペニス自体に問題があるのではなく、血流障害を起こしているケースが少なくありません。
血液がドロドロになるとうまく流れなくなるので、性的興奮を覚えたときに陰茎海綿体を十分に膨張させることができないのです。
シトルリンはスイカ由来の栄養素ですが、毎日スイカを食べるのは簡単ではありません。
そこでサプリでの摂取が推奨されており、毎日摂取することでサラサラパワーを発揮してくれます。

多くのペニス増大サプリや精力剤にシトルリンは活用されており、これは安全性の高さゆえです。
アミノ酸の一種のため副作用はなく、安全に血流サポートをしてくれます。
血管拡張作用によって性的興奮時に、速やかに陰茎海綿体を膨張させます。
血流障害が生じると血流供給が悪くなるので、途中で中折れすることが多くなるのです。
また半立ちに悩んでいる方も同様であり、アミノ酸の中でもシトルリンは特におすすめです。

タグ: , ,

サプリ以外でシトルリンを摂取することは可能?

シトルリンは、運動パフォーマンスの向上や血流改善、疲労回復や抗酸化作用をもたらす等人間の体にとって嬉しい効果をもたらしてくれる成分です。
このシトルリンを摂取しようと考えた時、聞きなれない成分ではあるのでサプリを真っ先に思い浮かべる方も多いかもしれませんが、出来れば食事から摂りたいですよね。
どんなサプリでも、あくまで食事を補うものということが基本なので、ここでは含有量が多いものを紹介していきます。
まず、100gあたり180mg含むのがスイカで、次が57mgのヘチマと50mgのスイカと頂いて、34mgのクコの実と18mgの冬瓜や16mgのニガウリという様に続きます。
スイカは、2番目に多いヘチマの3倍という脅威の含有量なのですが、数字を見てわかるようにウリ科の食物に多く含まれています。
どれも割と手に入りやすい食材なので積極的に日々の食事に取り入れることが出来ると思います。
シトルリンの1日の摂取目安量は800mgなので、これらを取り入れた食事での不足分をサプリで補うというのが理想的な摂取になります。
これ以上摂ったとして、体に目立って悪い反応が無ければ問題ありませんが、何事も摂りすぎは良くはありませんので適量にとどめましょう。

タグ: , ,

増大サプリに入っている成分「シトルリン」とは?

シトルリンとは遊離アミノ酸の一種で、1930年にスイカの成分を調べていた日本人が発見しました。
主にウリ科の植物に多く含まれ、キュウリ、ヘチマ、メロンなどに含まれています。
一日の摂取目安量としては800mg程とされているのですが、特に多く含まれるスイカでも、100g辺り180mg程度しか含まれていないので、通常の食事だけで毎日摂取する事はちょっと現実的ではないので、サプリメントを利用するのが確実です。
シトルリンの主な効果としては、血管拡張作用です。
体内において、血管を柔らかくさせて広げる作用のある一酸化炭素の生成を促す為、血流がスムーズになります。
海綿体への血流も増える事になり、ペニス増大の効果が期待出来るため、多くの増大サプリにシトルリンが含まれています。
血流の流れが良くなるという事は、冷え性や肩こりを始めとした全身の疲労にも効果があるだけでなく、動脈硬化などの抑制にも期待が出来ます。
また、運動をして生じた乳酸の消費を促したり、アンモニアを素早く取り除く効果もあるので、運動をする際のパフォーマンスを向上したり、筋肉痛を抑制する効果があります。
元々植物の中に存在した成分であり、毒性の低い成分なので、過剰摂取による健康被害例はありません。
とはいえ、ペニス増大に利用するにしても一度で効果が出るわけではないので、摂取目安量を守り、繰り返し摂り続けるのが良いでしょう。

タグ: , ,
Top